<< またこの次なんてあるわけないじゃん | main | あなたの夢が叶うなんていつなの? >>

あたしはあなたじゃないから

自分に起こってることなのに、まるで現実感がない。最近ずっとそうだ。
なんか、全然別な人のことみたい。
変なの


だけど、いつも、自分に問いかけてる。
どうしたいのか
どうしていきたいのか
自分がどうありたいのか


だから、あんまり、後悔はしてない。

現状に対する悲しみや不安はあっても、過去に対する後悔は抱いたことがあまりない。

それって、幸せなことかもしれないね。

大切な人が言うことは、なるべくなら、理解したい。感情だって共感してあげたい。

だけど、どんなに大切な人だって、「自分」ではない他人だから、その人の立場からみたら、「そう」なんだとしても、どうしたって、理解できなかったり、感じることなんて不可能なこともある。

大切な人であればあるほど、そのことが悲しくてたまらない気持ちになる。

それを伝えたって、「なんでわかってくれないの」と責められるなら、もう、その人から離れるしかないかもと、思ったりするんだ。

その方が、お互いに幸せになれる。

だって、私はきっと、どんなに言葉を尽くしても、あなたにはなれないし、どんな風に表現されたって、理解して共感してあげることができない気がする。そのことについては。


これを「冷たい」と言わない人に、会えるといいのに。

| - | 22:24 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

スポンサーサイト

| - | 22:24 | - | - | pookmark |
Comment









Trackback
url: http://yomomokomoco.jugem.jp/trackback/1372

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Links
Recent comment
Recent trackback
Recommend
メランコリニスタ
メランコリニスタ (JUGEMレビュー »)
YUKI,Yoku,Kaztake Takeuchi,Katsuhiro Idomoto,Emma,Taro Kawauchi
Recommend
Tommy☆School
Mobile
qrcode
Sponsored links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM