<< きみのことを信じてる | main | 思い出が汚されてく >>

お前がどけ

組織がクソと言いすぎている感がありますが、今日も、組織がクソだという話をします。


いつだって、組織というのはクソです。

国なんていうのも、あるようにみえる便宜上のものなのだけど、それが暴走すれば、ただのクソです。

大勢の人が日々を生活していくのに、使い勝手よく、妥協しあえる点において、存続できる国という制度。
それを、権力と勘違いする輩が、いつの時代にもいましたね。
いくら大勢あつめて、味方と思い込んで、固めたつもりの組織でも、組織である限り、大勢の「一個の人」の信念や自由の前においては、なんの力もないの。

GWに「キャプテンアメリカ、シビルウォー」を(また)見たんだけど、本当にこれだよなって、思った。
前から好きではあったけど、本当に今まさに、これをみて欲しい。

わたしは、この映画を見てキャプテンアメリカ派になったんだけど、どうしても、協定を受け入れる派にはなれなくて、それはキャプテンが最初の方で言っている、「責任を転嫁することにしかならない」とか、「組織は変化する」ってことに他ならなくて、だったら「自分たちで判断した方がよい」というところが、とても共感します。

協定とか法律とかいうのは、大勢の人にとって、利益があるからするもので、合意の上で作られたものなのだけど、今回の「新しい生活様式」って、その合意がなくて、どこかから、持ってこられた仕方なしの命令みたいで嫌なんだよね。
言いたいこともやりたいこともわかるけど、「なんで、どうして、そんなことを言われなきゃならないの?」というところまで指定されて、生活しなきゃいけないなんて、どう考えてもおかしい。

ひとりひとりの判断が「ばか」で出来なかったから、こうなっただけならまだしも、政府とかWHOとかの組織の判断、対応ミスが大きな原因なのに、それを、このレベルまで落として、命令して押し付けてくるだけの権力を、他人に渡していいわけない。

自分の思考や行動に責任を持てるのなんて自分自身だけなのに、どうして生活にまで口出しする権利を差し出すことができるの?わたしには出来ない。

もちろん、自粛は続けます。必要な買い物も、5日に一回くらいにして、人に会わない散歩以外、外に出ないで暮らしています。
それは、わたしがテドロス肺炎を引き起こすウイルスの終息を願っているから。わたしにできるだけの行動として、そうしたいからするんであって、命令された生活様式をするわけじゃない。

間違った方向に向いて欲しくない。
誰にも、誰かの人生や生活や思考や行動を支配する権力なんかないし、それを他人に渡してはいけない。




ウィンターソルジャーではゾロが言ってた「いまや世界中の人々が安全のためならば、自ら自由を差し出す」

キャプテンアメリカの言う「自由の代償はいつだって大きい、でも、それだけの価値がある」を思い出して。
| - | 13:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

スポンサーサイト

| - | 13:00 | - | - | pookmark |
Comment









Trackback
url: トラックバック機能は終了しました。

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Links
Recent comment
Recent trackback
Recommend
メランコリニスタ
メランコリニスタ (JUGEMレビュー »)
YUKI,Yoku,Kaztake Takeuchi,Katsuhiro Idomoto,Emma,Taro Kawauchi
Recommend
Tommy☆School
Mobile
qrcode
Sponsored links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM