<< プロセスチーム | main | オシャレじゃない!! >>

THIS IS IT!

MJ〜。ですね。
巷でも噂の映画をですね、見てきました。

初めは全然見る気なくて、なぜって私、マイケル・ジャクソンをそんなに知らない。
知ってる曲は、「ベンのテーマ」だけ。
いや、聞けばああ〜ってなる曲は多いし、スリラーとかバッドとかも知ってるけれど、聞いてた曲って「ベンのテーマ」だけ。
あとはテレビで時々流れるゴシップと、最近亡くなっていきなりいろいろ流しだしたマスコミの情報だけ。
純粋なマイケル・ジャクソンさんのファンでないのに、映画館にいっていいのだろうか。
という気持ちがいっぱいあったし、知らないのに、見てなにか楽しめるんだろうかという疑問もあったし。


でも、お別れ会の子供のスピーチを聞いたのと、おすすめ映画コミュの書き込みでまったく知らなくても、あれはいい!という書き込みが多かったので、急きょ見ることにして見に行きました☆

てなわけで、以下の感想はMJについてまったくといっていいほど知識も気持ちもない個人の感想ですので、あしからず。

見た感想は・・・・
ん〜
確かにマイケル・ジャクソンはすごい!っていうのは伝わってくるし、すごいライブを作ろうとしてたんだなってのもわかるし、彼の話し方というか姿勢というか、そういうのもすごく伝わってきて、なんていうのかすごく優しいというか、う〜ん、うまく言えないんだけど、とてもゴシップとはかけ離れてた素敵な人であるマイケル・ジャクソンが描かれてるとは思いました。
でもだからこそ、もっとマイケル・ジャクソンのそういう面が見たかったなって思ってしまっていたのがいけなかったかも・・・。
あれはコンリハの映像だもんね。
私はそれ以上のなんていうかMJのドキュメンタリーみたいなのを想像してたのかも・・・。

おそらくファンの方には本当にたまらない映画だったんだろうな・・・。
その気持ちは察しても察しきれないほどだと思う。
だってまったく知らない私ですら、なんかすごいもの背負ってる人だなって感じて、それであの光と人のなかにいるんだと思ったら、ぞくぞくした。
それが、今は亡き方になってしまったなんて・・・。

なんかね、すごく印象に残っているのが、すごく大きな円陣を組んでいるときに、はじめはその円陣の一員にいたのに、挨拶を頼まれた彼が、マイクを握って話している時、だんだんと後ろがマイケルを飛ばした向こう側とで円陣ができたの。それで彼は円陣の一員ではなくて、円陣のなかにいる格好になったわけ。
なんか、すごく象徴的と思ってしまった。
彼はすごいし、たくさんの人に愛されているのに、そのすごさゆえにどこかやっぱり孤独なように映りました。本当にスタッフも一丸となっているんだろうけれど、それでも、そことは違う次元の人としてマイケル・ジャクソンというひとりの人物として扱われているというか。
すごく愛されているし、たぶんマイケル・ジャクソンもたくさんの人を愛してたと思う。
だからこそ、たくさんの想像しきれないほどのプレッシャーもあったんだろうなあ。
だって、たくさんのライト、みてるだけで、とてもまぶしい。
光が、強すぎて、私にはそこは耐えられないと思う。
それに音もすごいもんね。


そういうのを見ていて、マイケル・ジャクソンのすごさも見たけれど、私は自分のほしいものもなんだか見えてきた気がしました。私は、世界で成功したいとか、有名になりたいとかいうよりも、家族がほしいな。たぶん、穏やかにあたりまえのような毎日を過ごすことが私にとっての幸せなんだな、と気づきましたのです。
自分のために生きているだけじゃきっとアイデンティティって補完されないんだと思う。
誰かのために生きることが結局自分のためにもなるんだと思う。
それが私には結構大切なんだろうな。

わかってるのに、なかなか人とうまくかかわれないんだよね・・・・。
なんだかな。
少しずつだけど、家族を自分でもつくれるようになれるといいな。

ただね、私にはやっぱりなぜあれを映画にしたのかわからない!
それは私が特にファンじゃないからなのかなあ・・・。

| 映画 | 21:01 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

スポンサーサイト

| - | 21:01 | - | - | pookmark |
Comment









Trackback
url: http://yomomokomoco.jugem.jp/trackback/811

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Links
Recent comment
Recent trackback
Recommend
メランコリニスタ
メランコリニスタ (JUGEMレビュー »)
YUKI,Yoku,Kaztake Takeuchi,Katsuhiro Idomoto,Emma,Taro Kawauchi
Recommend
Tommy☆School
Mobile
qrcode
Sponsored links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM