<< ジャガビーをお供に… | main | 寒かったー!! >>

V for vendetta


はじめからネタばれありですので!

英会話の先生の勧めでみたんですが。
すごく面白かった!!
一気に見ちゃうタイプの映画ですよ!続きが見たい!見たい!ってなるタイプ。
設定もおもしろいし、ちょっとした推理も楽しい。

だけど、推理しすぎた・・・。
私のいきすぎた考えは、多分違うらしい。
私、Vの正体を、ヴァイオレットの彼女だったルースだと思って(最初はヴァイオレット自身だと思ってた^^;)、実験のせいで性転換起こって、ウイルスに対する抵抗とか、超人の力とかついて、しかも自分がわからないという状態に陥るも、ヴァイオレットの残した手紙でいろいろ思い出し、愛する人の死、自己を怪物にしてしまったことなどに対する復讐でもって、さまざまな意味をこめて「V」になったのだと・・・。なぜこんなことを考えたかというと、薔薇のせいです。スカーレットなんとかっていう・・・。
薔薇を見て「V」を思い出したって言った検死官がいたじゃないですか。それで、ヴァイオレットか、ルースかなって。
だってただ手紙を「V」が読んだだけだったら、検死官の人はなんで薔薇=「V」ってつながるわけ?

でも、実際劇中では正体はかたくなに明かされないし、最後のほうにイヴィーが、「彼は”みんな”よ」みたいな言い方をして、死んだはずの人たちも大勢のロンドン市民のVの中にいて、Vはガイ・フォークスからつながる反抗心の象徴みたいなあつかいをされていて、ネットで調べてみても、そういう解釈が多くて、最後にVは増えたんだ、という結論を読んで、ああ、そうだよな〜って。正体とか関係ないんだよなーって。
個人じゃなくて、理念なんだなーって、思ったわけですよ。
無駄に推理しちゃだめですね。

それにしても、独裁国家っていうと、ヒトラーしかないのかしら。
独裁者の役の名前、サトラーですよ?
サッチャーとヒトラーでも掛け合わせたんですか?
それにサトラーの描き方がとてもヒトラーを思わせるものなんだよね。
ま、でも、象徴か。

象徴がキーワードなのかな。


うーん・・・たぶん私のなかで引っかかっているのが、独裁者が敵とか、国家が敵とかっていうのはなんか違うと思うんですよね。自分で自覚して、常に自己決定し、自己の状態をよく保つための行動を怠るな、というのは、おそらく今の体制において大切だとは思うんだけど・・・。
だけどさ、国って、なに?
それは概念でしかないわけでしょ。
で、悪いことをしたら罰せられるわけですよ。で、その「悪いこと」っていうのは、一応「私たち」が悪いと共通認識しうるものの範囲で決められていて、それでもって処罰する。
だけど、その「悪いこと」の範囲は常に動くわけだ。
なにが最善かというのは常にわからない。
まず、誰もが納得のいく状態というのは、かなり難しいと思うの。
人間の欲望は無限だし、どこかを救済すれば、どこかが漏れるわけ。
それでも実践的になしていくことを、決めていくしかできないわけで、そうやって今はやっていると思っているけれど、それが本当に「正しい」かどうかなんて、「今」わかるわけないじゃないですか。

それに「悪いこと」も常に変化するから、まったくもって恐ろしいわけ。
絶対の理性。
絶対の正義が存在しないから。

それこそね、神様のようなものなわけよ。
全部の理想をかなえるなんて。
でも人間にはそれが無理だから、折り合いをつける。妥協して、実践的にする。

そうなら、結局私たちにできることは、自分をメンテナンスすること。
だけど、どの状態が正しいかなんてわからないから、メンテナンスもそう簡単にできないわけ。

いろんなものを使って、自己を作るメンテナンスの類型や目標とすべきそれを、伝えてくれてたりもするわけさ、そのひとつであるわけでしょ、この映画ですら。だけど、そうやって、ナチス体制だってできたし、いきすぎた資本主義だってできたわけよ。
だからさ、なにが本当かなんてないのよ。

でも、やっぱりこうやって考えて生きていられるのは、自分で考え、自分で決定し、自分で行うことの意義、そして自由、そして反抗。ができる環境にいるからなんだろうね。

だけどさ、たいていはさ、自己の生活が安全な場合それでいいんだよね。
それで多数決になるわけよ。少数ならねじ伏せられるし。
だけど、やっぱわかんない。

いろいろ考えてるんですが際限ないんで、もう寝よう。
だって10時には寝るはずだったのに、もうこんな時間だもん。
あーあ・・・

| 映画 | 22:54 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

スポンサーサイト

| - | 22:54 | - | - | pookmark |
Comment









Trackback
url: http://yomomokomoco.jugem.jp/trackback/824

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Links
Recent comment
Recent trackback
Recommend
メランコリニスタ
メランコリニスタ (JUGEMレビュー »)
YUKI,Yoku,Kaztake Takeuchi,Katsuhiro Idomoto,Emma,Taro Kawauchi
Recommend
Tommy☆School
Mobile
qrcode
Sponsored links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM